札幌チャレンジドについて

法人概要・事業概要・沿革・受賞歴・メディア掲載

概要

札幌チャレンジドは、「ITでマザル、ハタラク、拓き合う。」社会を創ります!
2000年5月に発足し、2001年4月にNPO法人化しました。
事業を興して社会課題解決に取り組んでいます。
就労継続支援A型や就労移行・定着支援、パソコン講習や小学生~高校生対象の放課後等デイサービスなど様々な事業を行っています。

法人概要
名称 特定非営利活動法人札幌チャレンジド
業務内容 障がい福祉サービス・社会課題解決
所在地 〒060-0807 札幌市北区北7条西6丁目1 北苑ビル2F
電話番号 011-769-0843
FAX番号 011-769-0842
設立 2000年5月
理事長 加納 尚明
役員 理事 加納 尚明(常勤)
理事 佐藤 美由紀
理事 野間 克実
理事 佐藤 美貴(常勤)
理事 大山 珠美(常勤)
監事 本間 祥哲
専従職員 15名(2022年2月時点)
主な取引先 有限会社未来検索ブラジル、ワールドトラベルシステム株式会社、株式会社インフィニトラベルインフォーメーション、株式会社調和技研、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、株式会社インフォ・クリエイツ、株式会社旅工房、株式会社ジョイフルエーケー、有限会社魚長、株式会社阪急交通社、エコモット株式会社、札幌市 ほか

事業概要

  • 常設講習会場にてパソコン講習(障がい種別に関係なく)を実施。年間、延べ約200名が受講
    訪問講習(主にボランティアさんが活躍)
  • 就労継続支援(A型)事業所(定員30名)(2006年10月より)
  • 就労移行支援事業所(定員10名)(2011年11月より)
  • 就労定着支援事業所(2018年4月より)
  • 放課後等デイサービス事業所(定員10名)(2017年4月より)
  • 厚生労働省「在宅就業支援団体」(2006年5月~2021年3月)
  • 企業の社会貢献事業の企画・事務運営受託
  • 行政からの受託事業(札幌市障がい者ICTサポートセンター他)

主な沿革

年月 概要
2000年5月 任意団体として設立
2001年4月 NPO法人格取得
2002年4月 北海道NPOサポートセンター内に事務所を開設
2003年10月 札通ビルに事務所を移転、常設講習会場を開設
2003年10月 札幌市障がい者ICTサポートセンター事業を受託
2006年5月 厚生労働大臣より全国第一号で「在宅就業支援団体」として登録
2006年10月 就労継続支援サービスA型事業を開始
2011年8月 北苑ビルに事務所を移転
2011年11月 就労移行支援サービス事業を開始
2017年4月 放課後等デイサービス事業を開始
2018年4月 就労定着支援サービス事業を開始

主な受賞歴

受賞年月 受賞概要
2003年6月 北海道の情報通信の発展に貢献した「北海道総合通信局長賞」を受賞
2004年1月 北海道福祉のまちづくりコンクール第1回ソフト部門奨励賞受賞
2009年3月 経済産業省「ソーシャルビジネス55選」受賞
2015年1月 高校「政治・経済」教科書に掲載
2016年11月 社会貢献支援財団 社会貢献支援者表彰受賞
2019年11月 総務省「テレワーク先駆者百選」に選定される

高校政治・経済教科書「社会的企業」

高校政治・経済教科書

メディア掲載

札幌チャレンジドは、2000年の設立以来、多くのメディアに掲載していただいています。
メディアのみなさんのご協力によって、多くの人に札幌チャレンジドのことを知っていただくことができています。心から感謝申し上げます。

主なメディア掲載情報