札幌チャレンジドでは、平成29年4月17日から障がいのある中高生を対象としたパソコンを学ぶ放課後等デイサービスを開始しました。
放課後等デイサービスの内容については、こちらの資料をご覧ください。
  
札幌チャレンジドでは『パソコンを習いたい』方のためにパソコン講習会と訪問講習・パソコンボランティア派遣を行っています。
  
 


パソコン講習会

パソコン講習の風景。真剣に画面に向かう受講者さん3名。札幌チャレンジドでは、ほぼ毎日、パソコン講習会を開催しています。 初心者向けから上級者向けまで、それぞれの障害に応じた様々な講習会です。

受講される方お一人お一人にしっかりと対応させていただくため、どの講習会も最大8名までの少人数で実施しています。

※パソコン講習を受けていただく場合には、会員登録(年会費1,000円)をお願い致します。

 

パソコン講習の風景。先生と受講者さん。車イスの方もいます。パソコン講習の風景。先生の指示をテキストで確認する受講者さん。パソコン講習の風景。車イスの受講者さんとサポートボランティアの方。

 

 


視覚障害者向け講習

視覚障がい者向け講習の一コマ。マンツーマンでサポートしています。視覚に障害をもっている方たちが音声パソコンを使いこなし、それまでよりも少し豊かで楽しみのある生活が送れるよう支援していきます。

音声読上げパソコンを設置した専用の講習会場で講習を行います。

ボランティアさんのサポートも充実していますので、安心してチャレンジしてみてください。

※パソコン講習を受けていただく場合には、会員登録(年会費1,000円)をお願い致します。

 

 


訪問講習

札チャレパソコン講習会に参加する事が困難な方(講習会場まで来られるのが困難な方)のために、個別に訪問講師をご紹介する訪問講習制度を実施しています。

札幌チャレンジドでは、より多くの方々にパソコンの訪問講習が受けられる環境を作っていきたいと考えています。

訪問講習をご希望の方はご遠慮なく、札幌チャレンジドまでお問い合わせ下さい。又、訪問講師の募集をしております。

現在、訪問講習は基本的には、札幌市障がい者ITサポートセンターの「パソコンボランティア派遣」で対応していますが、パソコンボランティア派遣で対応できない場合は、札幌チャレンジド独自の訪問講習で対応します。

 

パソコンボランティア派遣制度(札幌市障がい者ITサポートセ ンター)

札幌チャレンジド訪問講習

作業所訪問講習

札幌市まちづくりセンター出前講習

 

放課後等デイサービス

平成29年4月17日から障がいのある中高生を対象としたパソコンを学ぶ放課後等デイサービスを開始しました。
 
放課後等デイサービス説明資料
 

【運営の基本的な考え方】

・こどもたちが行きたくなる場所

・こどもたちにとって楽しい!がある場所

・こどもたちの興味・関心を最優先にパソコンを学ぶ場所

・こどもたち一人ひとりのカリキュラムで進む場所

・2~3人を1ユニットとして1人の講師が指導します

・週に一日か二日、通う曜日を決めていただきます

・一日あたり1コマ(50分)×2コマの講習をします

・コマの長さやコマ数は、こどもの状況により調整します

 

【サービス時間】

月曜日~金曜日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休業)

学校のある日:午後2時30分~午後6時30分

春夏冬休み :午後0時30分~午後6時30分

 

【カリキュラム概要(一人ひとりの個性、興味に寄り添って)】

★パソコン入門

・パソコンの基礎 ・タイピング

★ワード・エクセル等のofficeソフト

・基礎 ・応用 ・検定

★インターネット関係

・ネット検索 ・ネット活用 ・マナー教育 ・SNS体験

★プログラミング・デザイン関係

・プログラムの考え方、作成 ・web制作 ・イラスト ・写真

★お仕事体験

・テータ入力 ・テープ起こし 等の簡単な実務体験

★コミュニケーショントレーニング

・講師とのやりとりから習得する基礎的なコミュニケーション  ・SST

 
放課後等デイサービス説明資料

コメントは受け付けていません。