札幌チャレンジドは、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献します。

札幌チャレンジドが重点的に貢献するSDGsの目標は、以下の5つです。

 目標3:すべての人に健康と福祉を ⇒ ITでマザル、ハタラク、拓き合う社会を創ります

☆ 道内唯一のキャリアデザインセンターを目指します。
☆ 就労継続支援A型では、在宅就労(テレワーク)を推進しています。
☆ 就労移行支援では、視覚障がいの人への専門的な就職支援も実施しています。

 目標4:質の高い教育をみんなに ⇒ 障がいのある中高生から大人まで人材育成に寄与します

☆ 放課後等デイサービスでは、ほぼマンツーマンで自分の学びたいことを学びます。パソコン学習を通して自信を付けます。
☆ 就労移行支援では、パソコンとコミュニケーションのカリキュラムをしっかり受講することでスキルを身に付け、高い就職率を実現しています。

 目標8:働きがいも経済成長も ⇒ 社会的企業として事業を通じて社会課題の解決に貢献します

☆ 就労継続支援A型では、雇用契約を結んで働きます。各種データ入力、動画監視、Webアクセシビリティチェックなど一般企業の業務を受託しています。
☆ 就労定着支援では、企業に永く勤められるように定期的に相談支援を実施しています。

 目標10:人や国の不平等をなくそう ⇒ 障がいのある人への合理的配慮を実践&推進していきます

☆ 障がい種別を問わず、身体・精神・発達・軽度の知的障がい・難病等の人が利用しています。
☆ 毎日の利用のために全ての障がい特性に配慮した環境整備をしています。

 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう ⇒ 企業、行政、NPO、ボランティアなど多様な組織・人と連携します

☆ 札幌市から札幌市障がい者ITサポートセンターの事業を受託しています。(2003年10月から)
☆ 就労継続支援A型では、10社程度の企業から定期的に業務を受託し、win-winの関係を構築しています。
 
※ 上記内容はあくまで一例です。札幌チャレンジドではその他多くの視点からSDGsに貢献していきます。
 
目標3目標4目標8
目標10目標17
  
  
札チャレのSDGs
  
持続可能な開発目標(SDGs)とは
SDGsは、2015年9月に国連で採択された17の目標と169のターゲットからなります。2030年までに達成すべき目標として、地球規模の優先課題や世界のあるべき姿を明らかにしています。地球の限界を超えない範囲に収まり、貧困を終わらせ、誰もが尊厳があり平等に機会が得られるような人生を送ることができるよう、経済、環境、社会分野の3つの側面に対応する目標やターゲットを定め、政府、企業および市民社会に対して、全世界的な行動を要請しています。

SDGsロゴ

国際連合広報センター SDGs
SDGs.TV

コメントは受け付けていません。