支援概要

札幌チャレンジドでは、2000年12月から2001年3月の間に札幌市内の精神障害者の作業所14箇所への出前講習を行いました。

翌年の2001年度には、社会福祉医療事業団の助成金を活用して28箇所の作業所への出前講習を行いました。

この2年間の取り組みによって精神障害の方への講習のノウハウを蓄積しました。

現在では、精神障害の方は、札幌チャレンジドの通常のパソコン講習会を受講しています。

精神障害の方への就労支援としては、就労支援の初期の段階から取り組んでおり、現在も就労継続支援サービスの利用者として働いている方がいます。

在宅就労メーリングリストにも多くの精神障害の方が登録しています。

また就職支援においても多くの実績を挙げています。

特に近年は、精神障害の方の就職希望の相談が増えており、企業への精神障害者の理解の促進が重要になっています。

カウンセリングを行う外部の専門機関とも連携して、取り組んでいます。

コメントは受け付けていません。