在宅就労支援制度とは

2003年4月1日、チャレンジドの就労支援をより一層推し進めるために「在宅就労支援制度」を設立しました。

主に在宅でITの技術を活かし、ITを武器としてチャレンジドが社会参加できるような就労の場を作っていきたいと考えています。


仕事の流れ

1. 希望者は、スキル登録をします。但し、登録対象者は、札幌チャレンジドに打合せに来ることができる人となります。作業所として登録することも可能です。

※スキル登録のページ

 

2. スキル登録者は「就労メーリングリスト(ML)」に登録されます。

 

3. 札幌チャレンジドが仕事を受注すると就労MLに仕事の内容、納期、対価などを示して希望者を募集します。

 

4. 応募者多数の場合は、スキル内容や過去の経験などにより人選します。

 

5. 実際に仕事をしていただきます。仕事は、札幌チャレンジドが発注者と契約し、就労MLの参加者が札幌チャレンジドから委託されて行います。

 

6. 賃金は、翌月25日にお振込みします。

 

現在、就労MLで募集する仕事は、一ヶ月に1件程度です。主に、テープ起こしやデータ入力です。

一生懸命仕事を探していますが、残念ながら、継続的な仕事があるわけではありません。就労体験の機会とお考えください。一方、スキルの高い方には個別に仕事の打診をする場合がありますので、ぜひご登録ください。

コメントは受け付けていません。