札幌チャレンジドでは、三年に一度、中期経営計画を策定しています。
今回の中期経営計画2020は、第3回目の計画となります。第1回目(2013年~2014年)、第2回目(2015年~2017年)の結果と時代の流れを踏まえて作成しています。
計画の達成に向けて全員で頑張っていきますので、引き続きご支援、ご協力のほど、よろしくお願い致します。
     
中期経営計画2020の資料は、こちからダウンロードしてください。
  
  
~ 中期経営計画2020の3つの視点 ~
<視点1>社会性を追求します
1.札幌チャレンジドの存在をより広く知ってもらうことで、札幌チャレンジドを必要としている人とつながります。
2.既存のつながりとの関係性を高めることで、新たなニーズを把握していきます。
3.北海道内に限らず、全国的なつながりを拡げることで、活動の幅を拡げていきます。
  
<視点2>事業性を追求します
1.就労継続支援A型事業において、新たな取引先を開拓することで札幌チャレンジドで働く就労メンバーを確実に増やしていきます。
2.就労移行支援事業において、毎年5人以上の就職及び就労定着支援事業での定着支援の継続を実現します。
3.放課後等デイサービス事業において、講習内容の質をより高めることで、こどもたちが継続して学びたい療育を実現します。
  
<視点3>革新性を追求します
1.就労継続支援A型事業において、デザイン分野を確立します。
2.就労継続支援A型事業において、在宅就労を札幌市以外にも拡げます。
3.就労移行支援事業において、視覚障がい者の就職支援を定着化させます。
4.放課後等デイサービス事業において、プログラミング教育等による療育を開発します。
5.各部門の連携を強めることで、日本を代表するキャリアデザインセンターとしての実績を積み重ねます。
    
札幌チャレンジド 中期経営計画2020

コメントは受け付けていません。