みなさまのお陰を持ちまして2014年度も無事、活動を進めることができました。ありがとうございます。
2014年度の収支は、約415万円の赤字となりましたが、職員も増え、札幌チャレンジドの次の10年をさらなる飛躍、発展させるために土台となる貴重な一年となりました。

一年間かけて職員全員で札幌チャレンジドの未来を議論し、「MIX COM(ミックスコム)」という新たな概念を生み出しました。
MIX COMは、ITを活用して社会を混ぜこぜにしていく、札幌チャレンジドが障がいのある人の働ける社会を実現するために様々なステークホルダーを混ぜこぜにしていくなど社会的視野を拡げて取り組んでいくことを意味します。

そして、既存事業の拡大および新規事業への取り組みを行うために、2015年3月に北苑ビル2階に37坪のスペースを借り増ししました。工事費及び運転資金の確保を行うために日本政策投資銀行から既存の借り換え分を含めて1,800万円の融資を受けました。
NPOと言えども「適切な投資」という概念が重要です。資金を確保し、事業に投資することで、事業の成果を上げて、社会に貢献していきます。

就労継続支援サービスおよび就労移行支援サービスを基本にしながら、制度事業に依存することなく、NPOとしての自由な社会貢献活動に常にチャレンジする組織であるために、引き続き、職員全員で議論しながら行動していきます。
札幌チャレンジドの原点を確認し、未来を描く、貴重な一年でした。引き続きまして、みなさまのご支援のほど、よろしくお願い致します。

NPO法人札幌チャレンジド
理事長 加納 尚明

決算・事業報告のページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。